朝靄とネクタイ

ほのぼの現実逃避ブログ

ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第11話感想的なアレ

  • ゆるくネタバレ
  • ゆるく感想
  • ゆるく考察

を心がけていきます。感想メインです。

 

第11話、2期の中で一番良かったです。純粋に素晴らしい回。後味も心地良い。

f:id:ryossideriver:20171216235211j:plain

 

浦の星女学院では閉校祭をやるとのことで、生徒数100人にも満たない学校にも関わらず盛況で、大成功します。

f:id:ryossideriver:20171216235153j:plain

そして、後夜祭?の時に鞠莉が全校生徒及びOG、OBに謝ります。ここは印象深かったですね。

浦の星が生徒に支えられてきたということと、浦の星を救えるのはAqoursしかいなかったこと、そのことに関して鞠莉が頭を下げるしかできなかったことなど、色々考えさせられました。

すると、モブ達からのAqoursコールが響き渡ります。素晴らしい。ファンの鑑ですね。

f:id:ryossideriver:20171216235415j:plain

ラストシーンでは、生徒全員でEDを歌いました。後味が良い。

 

今週の良かったところ

  • 浦の星女学院Aqoursとがしっかりと描かれていた
  • キャラに対する焦点の当て方が良い、しかもその間にメインを挟む

良くなかったところ

  • 特には無い、が鞠莉のコネの基準が、、

 

今週は、モブの仕事ぶりに驚かされましたね。

結局、廃校問題に関してはAqoursだけでなく浦の星女学院も一緒になって戦ってたんでしょうね。ラストシーンの鞠莉を励ますシーンにしてもそうですが、生徒とAqoursとの距離が近いからこそ、μ’sと音ノ木坂との関係とはまた違ったものが見られますね。

お互いが、学校を救うために助け合っているのが、何とも印象深かったです。

前作は雪かきしただけですからね。

 

あと、準備のシーンでは、曜が段ボールを見て1話の再現をしたり、鞠莉やダイヤが仕事してたりと、キャラが丁寧に描かれていて良かったです。

f:id:ryossideriver:20171216235446j:plain

また、閉校祭本番では、千歌の目線を通して、Aqoursメンバーやモブに焦点が当たっていて、割とラブライブっぽくない演出ではありましたが、キャラも丁寧に描かれている分寧ろ良かったです。

梨子の薄い本の件や、ダイヤやルビイのラブライブクイズの件など、1期で描かれていた部分もしっかりと踏襲しており、スタッフの丁寧さを感じました。

f:id:ryossideriver:20171216235503j:plain

2期に入ってからのよしりこ推しとか、露骨ではありましたが、このぐらいが丁度良いとは思いました。

 

何より良かったのは、善子の占いの件で、割と自然にAqoursの将来について考えたり、

f:id:ryossideriver:20171216235525j:plain

Aパートで「ずっとこのままだったら良いのに」という話を進めていて、Bパートでモブが揚げた風船が空に舞うのを見て、「終わりがあるから輝ける」というベタながらも自然なテーマ運びを行ったりという、地味ながらも丁寧なストーリー運びですね。

 

「未来に向けて歩き出さなきゃいけないから、皆笑うのだろう」

っていう鞠莉がのセリフには心を打たれました。スタッフにはまだ人の心はあったのかと。

EDで生徒全員が歌うのも、演出としては素晴らしかったです。 

 

まあ、強いて悪いところを挙げるとすれば、鞠莉が学校の為に親のコネを使ったことですね。結局小原家のさじ加減なんでしょうね。

 

 

次回は、掘り下げなのか、そろそろ決勝入れと思いますが、どちらかは分からないですね。

 

それではまた明日にでも。