朝靄とネクタイ

ほのぼの現実逃避ブログ

ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第5話の問題点をまとめてみた

ハッキリ言って5話含め2期全体で酷いです。

今回は5話を中心に、2期全体で悪いところを考えていきたいと思います。

f:id:ryossideriver:20171105004927j:plain

 

まずこれを一読した後に読んでもらえると幸いです。

ryossideriver.hatenablog.com

 

 

とりあえず、5話で悪い点を挙げていきます。

  1. 本編が進まない
  2. 犬のせいで練習ができない
  3. キャラの株下げ

具体的にはこの3つです。

1つ1つ説明していきます。

 

①本編が進まない

まずこれが1番の問題です。

犬如きで本編を使わないで欲しいです。考えたやつは頭湧いてます。

大体「廃校阻止」「ラブライブ優勝」のやるべきことを13話で行うのにこんな脇道逸れている場合ではありません。

しかも、飼い主に届けられるまでのAパートで話は終わってるはずなのに、後日談でBパート丸々使うのは、視聴者に30分ドブに捨てろと言っているようなものです。

そもそも題材もゲロみたいに面白くないですし、メインキャラも関わってこないし、これが無くても2期は成立する、っていうのがそもそもおかしいです。

本当に考えた人は土下座してください。

 

②犬のせいで練習ができない

犬をメインに据えた話で、関わった2人が練習をまともに出来ていない、

前述した通り、やるべきことはあるにも関わらず、です。

じゃあ犬要らないじゃん。

もともと練習が手についていないのは2人のせいなのに、それを犬のせいにしようとする演出と脚本が心底許せない。

よしりこAqours脱退しろよ。

んで、この話考えたやつも制作チームから脱退しろよ。

 

③キャラの株下げ

前述した通り、練習も手についていないんじゃ、「真面目に練習ができない子」のレッテルが張られてしまいます。

そして、Bパートで善子が、持ち主に犬を返したのにも関わらず「犬を取り返しましょう」と発言するのはただのキチガイです。

梨子もこれに便乗するのもおかしいです。

そもそも、この話で描こうとしているのが「善子と梨子が、犬を通して仲良くなる」というコンセプトなのに、犬にウエイトが掛かりすぎですし、そのせいで本来まともな2人がありもしない適当なことを言いまくってます。

脚本書いた人は、初めて「ラブライブ!サンシャイン!!」を観たんですかね?なら、納得がいくんですけど、、、

梨子はもっと小賢しく冷静な子で、善子はもっと真面目で周りに気を配る子です。

正反対描くのが好きな方なんでしょうね。

 

 

結局この5話で何を見せたかったのか全く伝わりません。

純粋に面白くないのも相まって、30分がドブに落ちる感覚だけがひしひしと伝わってきました。

 

そして、2期1~5話でかなり分かったことがあります。

それは

 

 

制作側が廃校阻止の具体的な見通しを立てていない

 

この記事でも書いた通り、浦の星女学院が現状、廃校を阻止する手段を殆ど持っていないことは自明です。

ryossideriver.hatenablog.com

 

ですが、ラブライブ地区予選で1しか増えなかった入学希望者が、今や50です。

プロセスが全くもって分かりません。

 

μ’sは、東京という大都市でアイドル活動をしたからこそすぐに人を呼べたというのに、こんなド田舎で、どうやってアイドル活動だけで50人も増やせるのか。

結論は単純で、制作側が考えていないから、です。

現実的に考えて不可能なことを、制作側が「あなたのご想像にお任せします」と丸投げしてくるのです。こんなクソアニメ観たことがありません。

そりゃあ、多少のご都合主義展開は許せますが、これはあまりにも酷い。

Aqoursの為だけに世界が捻じ曲がってるとしか言いようがありません。

 

まあ、ラブライブ優勝はできるとしても、どうやって廃校阻止するかが見所だったのにも関わらず、この適当さ、スタッフには心底呆れます。

 

2ndLIVEツアー、ファンミ、μ’sとの共演、全部ぶち壊す。

メディアへの露出も多く、グラビアもよく拝見しますし、影響力はもうμ’sに迫る勢いだとは思っているのですが、アニメがこれじゃあ、興味も特に無いですね。

コワレモノは守らなくては壊されるのに、自分から壊してどうするんですか。

 

これで3期、とか言ったらそろそろ爆破予告来てもしょうがないと思います。

それぐらい酷いです。

 

 

それではまた明日にでも。