朝靄とネクタイ

アニメ感想とか。暇なとき更新します。

Aqoursのライブ、本人確認等で退場しないための備忘録

こんにちは。

 

つい先日、Aqours2ndLIVETOUR名古屋公演に行って参りました。

Aqours及びプロジェクトラブライブは、ライブ公演の転売チケットに厳しく、多くの転買者に退場命令を下してきました。

 

また、今回のライブでは、本人確認も強化されており、それが十分で無い方は、例え正規のルートでチケットを入手しても、退場させられる事態でした。

 

何を隠そう僕も、今回のライブで本人確認を受けました。

無事通りはしたのですが、それでも運が良かっただけでもあるので、今後に備え、備忘録をここに記しておこうと思います。

 

また、暴力沙汰などのトラブルにも遭遇したため、そちらも記しておきます。

 

目次です。

 

ライブで退場しないために:①本人確認書類を確認する

こちらの方のツイートを参考にさせていただきます。

 

まず、今回の騒動「保険証だけでは本人確認ができなかった」に対して、なぜ起こったかと言いますと、

  1. ライブチケット及び公式サイトには「本人確認あり・身分証要持参」としか書かれていなかった。
  2. 会場では「顔写真付身分証明1枚 or 顔写真無し身分証明2枚」が必要という、スタッフに対しての運営の指示があった。

 この2つのことが引き金となりました。

f:id:ryossideriver:20170811004153j:plain

 

僕のチケットの場合、この部分に当たります。

 

「いやいや、本人確認なんだからそれぐらい当たり前だろ」と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、現に犠牲者も出ているので、明記する必要はあります。

 

ライブの場合、上記の身分証明を用意する必要があります。

 

ライブで退場しないために:②転売チケットは買わない

確かな筋であるかどうかは不明ですが、本人確認をする人間は、予め決められているとのことです。

僕に来たときは「ランダムで本人確認を行っております」とのことでしたが、その可能性は捨てきれません。

 

恐らく、高額転売されているサイト(チケキャンなど)の、チケットページの座席から、目星をつけているのではないかと思われます。

ゆえに、例え定価であっても、転売されたチケットはある程度マークされているということですね。

 

また、ここで弾かれると、転売者はおろか転買者も今後目を付けられる可能性は出てきます。

 

これを回避するために、転売者が座席を載せないなどの工夫をする可能性は考えられますが、所詮は運営とのいたちごっこです。

それは、これが続くことで、規制がより強化されることを意味します。

 

これを食い止める方法はたった一つです。

転売されたチケットを買わない、ということです。

 

当日そこが空席になり、キャストの方々が悲しまれたしても、僕たちは諦める他無いのです。何と悲しいことか。

 

ライブで退場しないために:③多少のことには目を瞑り、自力で解決しない

僕は、今回のライブで、真後ろで暴力沙汰があったんですが、そのトラブルシューティングの間、ライブに集中できず、大変迷惑でした。

(詳しくはこちらの記事を参考にしてください)

ryossideriver.hatenablog.com

 

迷惑行為を発見した場合、その場で解決しようとせずに、スタッフさんを呼ぶのが一番の手です。

もし仮にそこで口論になったり、ましてや暴力沙汰になろうことなら、当事者間だけでなくその周辺の方々まで迷惑を受けてしまうため、大人しくスタッフを呼びましょう。

そこで喧嘩両成敗の形で2人が退場することともなれば、それは本末転倒です。

 

また、横の人に当たる、とか人が多いなら当たり前のことに一々目くじらを立てるよりも、そういうことには目を瞑った方が得策です。

どうしても気になるのであれば、相手にお願いするような形で、交渉するのが良いと思われます。

 

そういう方の場合、恐らく興奮して周りに気が配れてない状態だと思いますので、注意をすると、軽くしたつもりでも神経を逆なでされたと思われることがあります。

相手が悪いのは分かり切ってはいるのですが、いつもより丁寧な意識を持った方が良かれと思います。

 

まとめ

具体的には、上に挙げた3つが重要になってきます。

後は、「大閃光」を使わない、とかルールで定められていることや、「イエッタイガー」をしない、などのモラル的な部分も、ライブで大きく影響してきます。

 

他の方の迷惑にならないようにライブを楽しむのも重要ですが、ファンの民度はそのコンテンツやグループの評価にも直結します。

Aqoursの評判を下げないためにも、僕らがやるべきことは多いようです。

 

 

それではまた明日にでも。

 

 

(迷惑行為については、こちらをご覧ください)

dic.nicovideo.jp

dic.nicovideo.jp

(Aqours2ndのレギュレーションについてはこちらから)

www.lovelive-anime.jp