読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝靄とネクタイ

アニメ感想とか。暇なとき更新します。

「リトルウィッチアカデミア」が面白い 第5話 (微ネタバレ注意)

アニメ アニメ-リトルウィッチアカデミア

こんばんは。

 期待を裏切らないことで有名な「リトルウィッチアカデミア」の第5話が放映されました。

早速、感想を書いていきたいと思います。

 

(前回の記事はこちらから)

ryossideriver.hatenablog.com

 

今回は僕の推しのダイアナさんが大活躍する回でした。

 (画像、あらすじ等は公式様より引用させていただきます)

tv.littlewitchacademia.jp

 

~あらすじ(公式様より引用)~

 魔法薬の精製実習でアッコ班とアマンダ、ヤスミンカ、コンスタンツェの三人は合同班となる。だが反りが合わないアッコとアマンダはすぐにケンカを始め、罰として「新月の塔」の掃除を命じられる。その掃除中、新月の塔最上階にある魔力の源の「魔導石」がドラゴンに奪われるのを目撃する。魔力が途絶え、妖精達も動けなくなり魔法も使えなくなったルーナノヴァでは授業どころではなくなってしまい、アッコはドラゴンから魔導石を取り戻しに行くと騒ぎだす。ダイアナに引き止められることで逆に火がつき、ロッテやスーシィ、アマンダ達も一緒にでドラゴンの住処ラスタバン遺跡へ向かう。

 

それでは、若干のネタバレを挟みながら感想を書いていきます。

 

今回もダイアナさんは、アッコやアマンダたちに対してド正論をかましてくれました。

 

脚本の都合からか、アッコとアマンダはお互いを「落ちこぼれ」といがみ合っているのですが、「授業もまともに出来ない人はどっちも落ちこぼれでしょう?」とダイアナの正論がクリティカルヒットします。

滅茶苦茶になったクラスを片づけ場を鎮めたのもダイアナさんです。ほんと有能すぎてもう……。

f:id:ryossideriver:20170207210913p:plain

 

まあそれでも、同級生に正論言われるのは、自分でも分かってるだけあってイラっときますよね。

他でもないアッコやアマンダもそう思っているようで、愚痴をこぼすという意味では同調しています。

 

ダイアナは、罰があるのだから魔導石を取り返すのをやめろとこれまたド正論を言いますが、もちろんそんなこと聞く筈もなく、取り返しに行きます。

f:id:ryossideriver:20170207212433p:plain

 

途中、ドラゴンの群れ(セキュリティシステム)に引っかかり、戦闘になります。

コンスタンツェは自作のメカ(銃やロケットランチャー)でドラゴンに応戦、スーシィは燃料撒いて火をつけるというえげつない戦い方をします。

TRIGGERの魔女は戦闘できることが必須条件ですからね

 

戦況は優位かと思われましたが、ロッテたちはあっさりと捕まります。運良く逃れたアッコとアマンダは偶然にも遺跡の内部に潜入、ドラゴンの待つ部屋にたどり着きます。

 

さて、遺跡の主のドラゴン、ファフニールに捕らえられたロッテたちですが、特に悪いことをされるわけでもなく、檻に閉じ込められていました。

アッコたちは、古くから伝わる「ドラゴンが魔女を食べる」という噂を信じ、ファフニールに特攻しますが、あっけなく捕まります。

 

その頃ダイアナはというと、報告の為校長室にいました。

しかし校長はおらず、1枚の謎の紙があるのみでした。

ダイアナはこの紙を見て、何かを察したようでした。

f:id:ryossideriver:20170207213931p:plain

 

さて、ファフニールに捕まったアッコたちは、ファフニールから「早く約束の金を渡せ」と脅されます。

f:id:ryossideriver:20170207214256p:plain

 

アッコたちは、何のことだか分からず困惑します。

ファフニールはことの起こりを説明します。

 

昔、ファフニールはルーナノヴァに金を貸しており、高い利息を設定し、ルーナノヴァから利子を巻き上げていました。

しかし、昨今の経営難により、利子を払えずにいたルーナノヴァはファフニール「次払えなかったら魔導石を持っていく」と言われていました。それで、今回のことが起こったという訳ですね。

最近ナニワ金融道をマンガワンで読んでいたため既視感が強かったです。高利貸しとそれに苦しむ人を見るのは辛いですね。

 

ファフニールはどうやら株だかFXだかやっているようです。公式のキャラ紹介でも「金の亡者」と言われているので、ますます帝〇金融っぽいですよね。

 

そこへダイアナも登場、一体何をするのかと思いきやさっきの謎の紙を取り出し、「この契約書には利子を払うことは書かれていない」と言い放ちます。

謎の紙は古代ドラゴン語で書かれており、教師陣は誰も読めず、12歳でマスターしたダイアナただ1人が読め、このことに気が付きました。ほんと有能すぎてさっきからトキメキが止まりません

 

さらにダイアナの言うには、今まで払った利子を合わせれば借金も返済できる額であるらしいとのこと。ファフお前詐欺じゃねーか

 

そういうわけで一件落着、ルーナノヴァには平穏が訪れます。

ただ、入学希望者などの都合でルーナノヴァの経営難は変わりません

アッコたちは、許可なく外出したため罰を受けてしまい、第5話は幕を下ろします。

 

 

それでは総評に参ります。

今回はダイアナさんが活躍してくれたので大満足でした。

しかしながら、あんまりアッコには美味しいところは来ず、あまり目立ちませんでしたね。

公式で紹介されてる主要キャラのコンスタンツェとヤスミンカも初登場、コンスタンツェは爪痕を残した気がしますね。ドラゴンに容赦なくロケットランチャー放つ姿は格好良かったです。

先生や生徒もたくさん出てきて、お祭り騒ぎのような感じでしたが、こういうのがTRIGGERっぽくて好きですね。正論とか、頭固いのが嫌いな風潮も個人的には嫌いではありません。

古代ドラゴン語の件は、ダイアナが有能なのか先生が無能なのかよく分かりませんが、ダイアナが活躍できたので結果オーライですね。

ファフニールは悪い高利貸しという印象を受けてしまいましたが、株をやったり周辺にALSOK(ドラゴン)置いたりと何だか現代なドラゴンでした。セリフでもありましたが、やっぱり魔法は時代遅れという風潮が、この世界にはあるみたいですね。

何はともあれ、ダイアナさんが見られて良かったです。

 

今週もたしかなまんぞくを得られました。次回も楽しみですね。

 

それではまた明日にでも。