朝靄とネクタイ

ほのぼの現実逃避ブログ

『下セカ』『ニドナツ』の作者の新作はどう見てもエロ本だった

スマホ禁生活1日目です。1週間ぐらい続けたいです。

 

それは置いといて、

僕はラノベというものをあまり買わないのですが、初めて買ったのは『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』です。

ファーストコンタクトにしては大分ディープなところから入ったな、という感じですが、その作者である赤城大空先生が新作を出すようです。

 

 

エロ本やないかい!

 

赤城大空先生と言えば、『下セカ』『二度めの夏、二度と会えない君』などヒットメーカーです。まあ2/2だから、、。

そして僕らの故郷辺境鳥取県民でもあります。

 

5年前ぐらいに下セカを買って衝撃を受けた僕ももう高校を卒業しようかという所、

あの衝撃が再び、という感じです。

 

そもそもラノベって、あくまで僕のイメージ論ですが

というある種の枠組みみたいなものがあって、

その上半分が素人みたいなものだから、当たり外れも大きいゴミみたいなジャンルなんですけど、

『下セカ』は純粋に頭のネジが外れてる話なのでかなり楽しめます。

正直他の一般的なラノベは2作で飽きが来ます。

 

まあ、同じテイストの話で来るとは思いませんでした。

アニメ化する気ないんでしょうね。

もしかしたら『下セカ』がいけたからチキンレースに挑戦しているという説もありますけど、、、。

 

赤城先生自体凄く好きなので、とても楽しみです。

ただ、本屋で『出会ってひと突きで絶頂除霊!』ありますか?とは絶対に聞けない、、、。

 

明後日、発売です。

 

 

それではまた明日にでも。