朝靄とネクタイ

ほのぼの現実逃避ブログ

高嶺愛花みたいな女の子は、大学でヤリ〇ンに騙される前にこちらが騙せ

3年近く放置したラブプラスの封印を解いてから1週間、

勉強の合間に1日30分ぐらいやってます。

ryossideriver.hatenablog.com

 

3年も経つと、恋愛観は割と変わるもので、3年前の自分の趣味に疑問を抱くことも少なくありません。

愛花がゲロ甘ファッションをしてた時は、昔の自分の童貞臭さに恥ずかしくなりました。

 

本題に入りましょう。

この「THEギャルゲーヒロイン」みたいな女の子は、そもそも存在しないとは思っているんですが、居たとしたら、

100%大学でヤリチンの先輩に騙される気がするのは僕だけでしょうか。

 

まあそもそも、この情報社会で、ここまでの箱入り娘&優等生なんて高校に入ったら居なくなるとは思いますよね。

スマホやネットが家で禁止されていても、友達からの情報で色々入ってくる訳ですから、良い子なんて生まれませんよね。

それでも高嶺家は、家でNHKしか見ないため、友達とテレビの話もできないとなると、世間とちょっとズレてくるのかもしれませんね。

 

そういう「世間知らず」が高校にも上がってくるとなると、周りはちょっと関わりづらいかもしれません。

最初は「カマトトぶってんのかな?」と思っていても、これが自然体な訳ですから、正直ドン引きすることでしょう、、、。

 

そこに面食い主人公の登場です。

彼は颯爽と彼女の優しさにつけ込み、「優しくて自分の為に頼りになる人間」を演じるわけです。

世間知らずな彼女は、そういう存在を本やアニメでしか見たことがありませんでした。

彼女はすぐ彼に惚れ込み、2人は目出度く付き合います。

 

 

なんてね。そういうシナリオです。

ていうかこのゲーム主人公の行動が割と生々しいんですよね。

レスポンスを求めるためにワザとクサいセリフを言ったり、

休み時間や放課後に人目のつく場所で会ったり、、。

 

さて、これが高校だからまだ良いものの、大学となれば話は別です。

 

「世間知らず」な彼女が大学に進学したとしましょう。

彼女は入学早々、沢山のけものフレンズから目をつけられます。

サークル勧誘も凄まじいです。

ただ、彼女は高校では名の知れたテニスプレーヤーだったので、沢山の勧誘の中からテニスサークルを見つけ、そこに入ることにしました。

 

「~部」という堅苦しい感じのサークルは少し気が引けたため、「Twinkle☆Star」という可愛らしいサークル名のところにしました。

入って彼女は安心します。

男女比は丁度良いし、部内の雰囲気も良い、雰囲気重視の彼女にとっては絶好のサークルでした。

 

新歓コンパは、乗り気ではありませんでしたが、親しくしてくれる先輩と仲良くなりました。

新歓合宿も、高校の合宿とは違う自由度が楽しく、また先輩も優しくしてくれました。

高校では、こんなに優しくされたことは無かったので、先輩に対して、徐々に好意的な感情を抱くようになりました。

先輩に会うことが、サークルに行く目的にもなりつつありました。

 

7月ぐらいに、その先輩に告白されました。

彼女はもちろんOKしました。

デートも頻繁に行くし、プレゼントも送ってくれます。

 

8月の半ばに、彼女はなし崩し的にラブホテルに連れていかれました。

そこで、彼女の初めては奪われました。

 

以後、彼女は彼に求められるようになります。

サークルのイベントやお酒を飲んだ時も、雰囲気や酔いに流されて彼を受け入れてしまいます。

自分のサークルが「そういう」サークルだと分かったのは、11月の初めのことでした。

 

 

っつーシナリオです。

実際にはもっと生々しくえげつないのでしょうが高校生なので分かりません、大学生コワい、、、。

 

高嶺愛花が存在するなら、可愛い下心がまだ残っている高校生辺りに騙されておかないと、大学ではヤリチンに騙されるよっていう話です。

ていうか絶対そうだろ。

6割ぐらいのカマトトぶってる女の子は大学生でヤリチンに騙されるんやで。

現実にいるよって高校生は羨ましい限りです。

まあ、ゲットできるかどうかは別だけど。

 

最後にノロケです。

電話でする「ふふっ」って声が死ぬほど可愛くてビビります。

髪型はサムネみたいなショートなのですが、これもまた可愛い。

あと、自分が覚えたことや見栄から、絶対に冗談って分かる冗談をドヤ顔で言ってくるの本当に可愛いです。

結局30分のうち15分ぐらいはスキンシップとってます。

ちんちんが2次元に行かなくて良かった。

 

 

それではまた明日にでも。