読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝靄とネクタイ

アニメ感想とか。暇なとき更新します。

BanG Dream!(バンドリ!) 第3話感想(微ネタバレ注意)

アニメ アニメ-BanG Dream!(バンドリ!)

こんばんは。

バンドリの記事も3回目ですね。徐々にこのアニメの方向性が分かってきて、、、はいないんですけど、今回も溜息混じりな記事になってしまいそうです。

何だか、このアニメに期待しない方が良い気がしてきています。早とちりですかね。

f:id:ryossideriver:20170204232138p:plain

(前回の記事はこちらから)

ryossideriver.hatenablog.com

 

 (今回も画像は公式様より引用させていただきます)

bang-dream.com

 

さて、3話はりみりん回(?)でした。

 

~あらすじ(公式様より引用)~

 昼ご飯を一緒に食べることを交換条件に、有咲から念願のランダムスターを譲り受けることができた香澄は、ライブハウスで見かけた同じクラスのりみをバンドに誘う。 りみは人気ガールズバンド「Glitter*Green」のギターボーカルであるゆりを姉にもち、そんな姉に憧れる少女。しかし、引っ込み思案で姉のように積極的になれないりみは「やっぱり、バンドできない……」と香澄を避けて逃げしまう。

 

ここからは細かいネタバレを挟みながら感想を述べていきます。

 

まず、前回、前々回と無駄なシーンが多いと当ブログでも述べましたが、今回は尺余りレベルでシーンが足りてない、という印象でした。

 

また、今回は脚本が壊滅的で、キャラ同士の会話が成立していないキャラの情緒が不安定、としかとれないぐらい意味不明なものでした。恐らく、予めできたストーリーを回すように脚本を作ってあるため、セリフは必要最低限のもの以外削ぎ落とされた(と言うより元から組み込まれていない)のではないのでしょうか。何だか、限られた尺の劇とか舞台を見ているようでした。

 

この手のアニメは、ストーリーよりキャラに重きを置いて作るべきだと、僕は思っています。それには、ストーリーの矛盾や粗なんてものを無視して、いかにキャラを魅力的に見せられるか、この1点に限ります。脚本家がよほど(はっきり言ってケータイ小説を書く中学生レベル)のド素人で無い限り、キャラ1人1人に感情移入は出来るはずです。

 

キャラの心情表現に違和感は無いか、少なくともそこだけはしっかりとして欲しいです。切実に願います。今のままじゃキャラ全員が脚本家に殺されています

 

それを踏まえた上で、違和感や良かったところを挙げていきます。

 

まず、香澄が朝、校舎の外でギターを弾くシーン。香澄はギターケースも無しにギターを持ってきたらしいのですが、明らかに前回との前後関係がなっていません脚本家前回見てないのかよ

 

りみを練習に誘おうとする香澄に対してりみは、バンドはできないと断りますが、元からバンドやるって決めつけただけで、組んだ訳でもりみに了承をを取った訳でもありません。印象操作レベルですよこれ。

 

この辺りから、AbemaTVのコメント層ではすっかりガ〇ジ扱いされてる香澄ですが、前回でも言った通り、香澄は「自分が思い立ったら行動するタイプ」なので、一見突拍子のないことをしているように感じますが、それこそ、考えるより体が先に出ているんでしょう。

 

それより今回気になったのは有咲の口の悪さと、りみの拗らせ具合です。

前者は、荒っぽい口調でも良いという人もいますが、キャラ付けのためであったら今すぐ止めさせた方が良いと思います。社会や大人を舐めた目で見てる、大人になれない(なりたくない)子供という印象を与えてしまいます。現に有咲は、人に対してかなり敬意が無いです。

後者は今回で解決したのかもしれませんが、かなり面倒臭いです。昼ご飯を一人で食べるシーンも、バンドを断るシーンも、「本当はやりたいけど後ろめたい」というより「本当はやりたいから気づいて私の背中を押して」感が半端なく強いです。結局は自分が決めるだけなのにそれを人任せにしている面倒臭い子、という印象です。最終的に香澄も面倒になって諦めています。前述しましたが、香澄の性格上、思いやるというよりは気が向かなくなったと考える方が自然ですからね。

 

有咲は香澄しか友達がいないので、学校内外で絡まれるとコミュ障ぶりを発揮してました。昼ご飯を食べるときは、香澄と一緒にされたくないから距離を取って座りますが、香澄が隣に来ても拒みません。口は悪いですが順調にデレています

 

りみは突然泣き出したり逃げ出したりとよく分からない行動を取っています。何度見直しても理由は分かりません。香澄が珍しく理由を聞いているのにも関わらず、情緒不安定なんですよね。話せよっていう。

f:id:ryossideriver:20170205221903p:plain

その後のシーンでは、自分がステージに上がりたくないとか、お姉ちゃん(三森すずこ)の存在とかを話しています。多分そこが理由なんでしょうが、いちいち回りくどいんですよね。香澄も「りみりんとまた話せて良かった」ともう諦めています。

 

今週も様式美のようにライブが開催されています。

しかし、りみりんの姉が出演(1話のバンドで)するのですが、昨日まで修学旅行に行っており、帰りの飛行機が台風で遅れ、出演には間に合わないとのこと。いや連絡ぐらいしろよ。まず遅れる時点で出演バンド数などを考慮して、どの位遅れるのかというのを連絡。というかリハ(あるか分かりませんが)とかの段階でキャンセルするか否かは確定させておかないとハコ側が迷惑するでしょうが。知ってる訳じゃないですが常識というものではないでしょうか。もしかしたら連絡入れてるのかもしれませんが、脚本に書いてないからねえ…。

 

さて、この手のアニメでやることは勿論、時間稼ぎです。

しかし、ギターもシンセも無い状況、あるのはマイクのみ……。香澄は突如としてステージに上がり、アカペラで歌います

やっぱりこういうのがストレートで良いですね。ぱっと見ノープランでバカバカしいと思うかもしれませんが、こういうのを思い立って即行動できる人は居ないですからね。きっと、周りも何も見えてないんでしょうね。けどそれが良い。主人公っぽくて好きです。

歌う曲も「きらきら星」と本当に何も考えてないのが伝わってきて素晴らしいです。有咲も巻き込まれてカスタネットで参戦します。

りみはそこで、自分からステージに上がり、ベースを弾いて参戦します。即席バンドの結成です。香澄は押してダメだったので引いてみたって感じでしょうか。結果論ですけど。

f:id:ryossideriver:20170205221841p:plain

客も優しいもんで、ペンライト光らせたり拍手してくれてたりと何だか生々しかったです。この「時間稼ぎ」は本編の尺的にも長かったので、視聴者はちょっとくどいなと思っているかもしれませんが、多分客も思っています

 

そんなこんなでりみりん姉バンド到着。「まだまだ元気ありますかーー?」とかの前に一言謝れと思いますが、それは無視しておきます。

バンドでは時間を稼いでくれた香澄たちに敬意を表して、「きらきら星」を演奏します。りみりん姉に呼ばれ、香澄たちはステージに上がります。そこで香澄はきらきら星を歌います。白熱のバンドサウンド轟く中響くきらきら星、シュールですが何だか納得している自分がいます。

 

りみは香澄と有咲に「私もバンドしたい!」と正直に言います。やっとかよ。まあ、結果オーライということで。

ラストシーンでは、文化祭を目標に香澄が意気込みます。結構現実的でちょっと笑ってしまいました。そういう訳で、第3話は幕を下ろします。

 

 

それでは総評を、と言っても言いたいことは前に述べたので少しだけ。

やっぱり前回と比べて内容が薄いですね。箸休め回でもないのでもっと詰め込んでもらった方が良いと思うんですが何だかなあって感じです。

この回は特に脚本が崩壊していたのでキャラに愛着が湧きませんでした。香澄からハコのオーナーに至るまで、少ないセリフにも関わらず粗や矛盾だらけで正直イライラしました。外国人のモブだけ何故かすごくネイティブで笑いましたが、モブだけ良くてもねえ……と言いたくなりますね。

 

とまあ、文句ばかり並べてしまいました。だいぶ期待のハードルを下げたつもりだったんですが、それでもダメだったのでもういっそ無心で見るべきでは?とも思います。

第4話はアニメの実写化映画ぐらいの期待値で臨みます。覇権とは何だったのかと聞こえてきます。まだ3話という方は我慢強い方なんですね、羨ましい。

 

はい、そういうことで今回も終わります。

それではまた明日にでも。