読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝靄とネクタイ

アニメ感想とか。暇なとき更新します。

ラブライブ!サンシャイン!! 第七話感想的なアレ(ネタバレ注意)

アニメ アニメ-ラブライブ!サンシャイン!!

こんばんは。

 

更新がかなり遅れてしまい申し訳ありません。

スクフェスのイベントも重なってしまい、既に8話も公開されているため、7,8話を一緒にして記事を書こうとも思いましたが、一応7話単体として記事にしようと思います。

 

僕は8話を既に視聴してしまっているので、観ていない体で書くのは難しいですが、多少は努力します。

 

ところで、ラブライブ!(前作)は「ラ!」と略されることが多かったのですが、ラブライブ!サンシャイン!!は「サ!!」と略されることが多いようです。本ブログでも、それを多用していこうと思います。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、サ!!のアニメも早いもので後半戦(1クール換算)です。例によって、今回も感想を述べていこうと思います。

 

展開的には、2期もしくは2クールを前提とした流れでした。

f:id:ryossideriver:20160823202947p:plain

 

 

以後、ネタバレ注意です。

 

 

第7話をまとめると

  • 聖地巡礼回!
  • ライバル登場!
  • 魔都「TOKYO」とは 

 

 

 

聖地巡礼回!

前回の記事でボロクソに書いたPVですが、ネットでの評判は良く、Aqoursのランキングは急上昇!一時的に、順位が99位にまで上がっています。

その喜びに拍車をかけるように、あるお誘いが

 『東京スクールアイドルワールド』のお知らせ

なんと、東京で開催されるイベントにAqoursが招待されました。しかも、ラブライブ決勝にも勝ち上がったことのあるグループも参加するほどの大きなイベントです。

一同は東京行きを決心します。

f:id:ryossideriver:20160823203903p:plain

 

東京から来た梨子や曜(遠征なんかで都会慣れしてるっぽい?)以外は、東京への憧れが裏面に出て、「え?その格好で行くの??」というファッションコーディネートをします。

シノラーを彷彿とさせる格好の千歌とルビイ、東京に山頂アタックしそうな花丸、善子は堕天使全開でKISSのようなメイクをしていました。

 

途中、前作でも登場した国府津駅が映るシーンもありました。

f:id:ryossideriver:20160824221702p:plain

 

東京に着くや否や、明日をライブに控えているにも関わらず、一行は東京観光(主に前作の聖地巡礼)に勤しみます。

f:id:ryossideriver:20160824222814p:plain

 

µ‘sが解散してかなり経つ時間軸ではありますが、µ‘sの人気はまだまだ健在で、グッズも多く販売されています。今思うと、4,5年以上前に解散したアイドルグループのグッズがまだ販売されているなんて、それ程µ‘sがスクールアイドル達や世界に大きな影響を与えたんでしょう。凄いです。

f:id:ryossideriver:20160824223251p:plain

 

 

 

その夜、もう寝ようかというところ、千歌が皆に提案します。

「音ノ木坂学院に行ってみない?」 

 夜ではありますが、憧れのµ‘sが育った母校です、皆は賛成。しかし、音ノ木坂出身である梨子は気後れして行かないようです。結局、明日もライブということで、その日は皆行きませんでした。

 

夜中、目覚めた千歌は、眠れない様子の梨子と話します。

梨子は自分の過去を話します。

中学時代全国大会にまで出場するまでのピアノの腕を持つ梨子は、音楽で有名な音ノ木坂学院に入学しましたが、皆の期待からの重圧に耐えられなかった。

それに対し千歌は「自分が期待されることなんてなかったけど、今日いろんな人に支えられて期待されていることが分かった」と答えます。

f:id:ryossideriver:20160824231546p:plain

 

ちなみに、梨子は真姫ちゃんも使っていた学校のピアノを使っています。

f:id:ryossideriver:20160824231745p:plain

 

 

 

翌日、誰よりも早く起きた千歌は、抜け駆けして秋葉原UTX(UDX)前まで走ります。シナリオ的に、ついて行かざるを得ない他5人。20秒後ぐらいに追いつきます。

UTX電光掲示板には「LoveLive!」の文字が。

千歌たちは、ラブライブ出場、そして優勝を意気込み、ライブに挑むのでした。

f:id:ryossideriver:20160824232333p:plain

 

余談ですが、劇場版ラストでも雪穂たちが言っていたように、ラブライブはドゥーム開催されるようになっています。

f:id:ryossideriver:20160824232357p:plain

 

そして、3話で飛んでいた3羽の鳥が、6羽になって飛んでいました。こういうところは細かいですね。3話の時にも書きましたが、この演出は好きなので純粋に嬉しかったです。

f:id:ryossideriver:20160824232614p:plain

 

 

 

 

ライバル登場!

さて、前述したように今回のイベントは強者揃いです。

当然(シナリオ的にも)、Aqoursの前にもその強者の1組が登場します。

 

東京観光を終えたAqours一同は、ライブの成功祈願も兼ねて神田明神へと足を運びます。µ‘sもやっていた男坂ダッシュをしていました。ちなみに、経験上、そこそこ長いので普通に辛いです。足も太くなりそうです。

f:id:ryossideriver:20160824233504p:plain

 

上り終えた先で、歌を歌う2人組と遭遇します。

f:id:ryossideriver:20160824233438p:plain

 

2人はAqoursのことを知っている様子で、ニヤリと不敵な笑みを浮かべ、颯爽とその場を後にします。

2人の名前は鹿角聖良(かどのせいら)と鹿角理亞(かどのりあ)といいます。どうやら姉妹(双子?)の様です。理亞ちゃんの方はこの回では一言も喋りませんでした。

f:id:ryossideriver:20160824234840p:plain

 

ちなみに理亞ちゃん(右)は、謎にAqours一同をアクロバティックに飛び越えています。住む世界が違えば床で金メダルが獲れていたかもしれません。

f:id:ryossideriver:20160824235039p:plain

 

 

翌日、イベント会場に到着すると、前作でもお世話になったあの女性が居ました。

f:id:ryossideriver:20160824235222p:plain

 

Aqoursの出番は2番目、出場が30組なのでどうやら前座の様ですね。

舞台袖で準備をする一同、すると昨日の2人組が。

彼女たちはトップバッター、またもや不敵な笑みを浮かべ、聖良が言い放ちます。

「見てて、私たちSaintSnow(セイントスノー)のステージを。」 

 そしてSaintSnowはステージへ。自信に満ち溢れています。

f:id:ryossideriver:20160824235826p:plain

 

 

 

 

魔都「TOKYO」とは

出発前、ルビイはダイヤに自分の後ろめたい気持ちを打ち明けます。

ダイヤはルビイに「自分の決めたことなんだからやりたいようにすればいい」と言い。ルビイの後押しをします。

f:id:ryossideriver:20160825000202p:plain

 

問題はその後です。

ダイヤはそのまま小原家へ直行。今回のイベント参加を許可したマリーを問いただします。

f:id:ryossideriver:20160825000400p:plain

 

「彼女たちを東京に行かせるということ、どういうことか分かっていますの!? 

 そう言うや否や、

f:id:ryossideriver:20160825000530p:plain

 

ま さ か の 壁 ド ン

どうやら、内心ダイヤはAqoursの東京行きに反対していたようです。

ダイヤたちも、過去に何かあったのでしょうか、そういう口ぶりですね。

 

実際今回のイベントも、強者揃いですので、もしかしたら負けイベントとなってしまうのか、それともこれを乗り越えていくのか、楽しみです。

確かに東京のスクールアイドルは激戦区のような気もします。甲子園などからも伺えますね。ただし、アイドルは技術や地域では推し量れないものもありますから、そこに期待しましょう。

 

 

 

総評すると、次の回に向けての準備回でしたね。

6話のような期待外れ感はなかったですが、物足りなかった印象はあります。

まあ次回は、結果も明らかとなってくることだろうし、そちらに期待しましょう。

ライバルのセイントスノーは、ネットでは評判があまり良くない印象ですが、僕は特にそういうのは感じませんでした。これからセイントスノー以外にもライバルはでできて欲しいとは思いましたが。

 

今回はこれで終わりです。重ねますが更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

 

 

それではまた明日にでも。

 

まだ観ていない人は有料ですがこちらからどうぞ

www.b-ch.com